FC2ブログ

Entries

■ 本日開催! 9月24日(木)19:00開演 築地本願寺GINZAサロン おてらくごのススメ

公演名:ネットがなくてもSTAY HOME! おてらくごのススメ
日時:2020年(令和2年)9月24日(木)19:00開演
出演:落語:古今亭志ん吉「二階ぞめき」
   講話:多田修(東京仏教学院講師、東京都・真光寺副住職)
      「想像力は世界を越える」
会場:築地本願寺GINZAサロン
   東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビル5階
   銀座駅A13出口より徒歩4分、銀座一丁目駅6番出口より徒歩1分
料金:1000円
お問い合わせ先:築地本願寺GINZAサロン
  電話 0120-792-048(受付時間 全日9:00-17:00)
E-mail ginzasalon@tsukijihongwanji.jp
https://tsukijihongwanji.force.com/ginzasalon/

※ライブ配信も行います。詳細は築地本願寺GINZAサロンのサイトをご覧ください。

多田さまA4(924志ん吉公演)

■ 小満ん師匠の特別レシピ紹介「新玉ねぎのことことスープ」

 随談の取材時に、小満ん師匠から伺った、特製スープのレシピです。
 新玉ねぎの季節になったら、新玉で。いまは淡路島玉ねぎでお試しください。
 鍋にほどほどの水を入れ、皮をむいた大きめの新玉ねぎをとろ火で半日くらいかけて、とろとろに煮込みます。
 くたくたになったら、梅干しを添えて頂きます。
 小満ん師匠曰く、「複雑な手間のかかるものは精神が疲れる。手間が簡単で、ゆっくりと調理の時間を楽しんで、できあがったら、びっくりするほどうまい! これがいいね」とのことです。

■【 特別掲載 】柳家小満ん “語り下ろし” 随談「ウィズコロナの時代によせて」素敵なメッセージです、是非、読んでください!

仕上げ の01
仕上げ2 の02
仕上げ3 の03

(英訳)

 The era of With Corona will continue for a long time.
 You must accept and accept the rumors without worrying about hiding them.
 This virus is a warning to humans. I have that feeling.
 The earth, which is home to many creatures,
 Only human beings can break it freely and freely stain it.

 The battle against infectious diseases has been going on for a long time. The common people of Edo also fought desperately for illness.
 In the Edo period, we came from overseas even if we were closed.
Humans are convenient vehicles for bacteria and viruses.

 This is a difficult time because many people and goods come and go in each country.
 How strong is the contagion? I have to respect this strength. They are very strong. Anyway strong.
 Although it is early September, what I can clearly say is that we have to continue our routine to prevent the spread of infection for a while.
 Japan remains at the mercy of this infectious disease. Anxiety about aftereffects remains. It's troublesome.
 However, we must accept this reality.
 You should take it. I would like to take it and think about how to get here.
 Reflecting on my past was something I could only give to those who were sick.
 Seats have been reopened, but the town has not returned to its former appearance. It seems frustrating.

 However, nothing is progressing if only thinking about returning to the previous state.

 When this state is over, it is only greed to think that it will do this.
 I think that it is not possible to solve the existing problems and the measures to be taken for preventive maintenance from the perspective of greed.
 Because of greed, the response to the first wave was delayed. Greed is the driving force of the economy. The word economy is sinful.
 The movement of goods and the movement of money is the economy. Only things and money are respected, and people are postponed. People are being neglected.
It's said to be the second wave, but it's not a matter of numbers. Anyway, it continues.
 The recession lasted for a long time, and economic activity must be strengthened from now on, but even then, isn't the information and measures that reach us impose only late measures?
 As the fear of corona increased, it remains to be thought that the explanation of the situation that arrived at us was much less clear.
 Also, many questions remained about whether the explanation was rational and accurate. Information is lacking because it is an unknown virus. That is why various opinions should be disclosed. The same goes for the minutes of the expert meeting. There may have been various opinions, but I wanted to know all of them and think for myself. At the same time that we are prepared to live with Wiscorona, we should also be prepared to receive information that has been manipulated despite the national crisis.
 Once corona converges, it does not mean that you can simply return to the original, but it is necessary to carefully examine the various issues that have emerged here.

 The person who suffers from the illness suffers, even if he does not. There are many people rolling down slopes.
 Moreover, it seems that corona infection is accompanied by a lot of rumors.
 It is stressful to be too afraid to get infected.
 Some people may have a hard time hiding so that others do not know that they have been affected.
 The problem of sequelae is still unclear, but the majority of people now think that they have no choice but to carry out economic activities while preparing for a minimum infection. Then, each other. Let's end the nationwide trend of infection.

Crisis management for people

 Japan was aware of the fear of the nuclear power plant in 3/11, but could not stop it.
The Great East Japan Earthquake was an opportunity to stop the nuclear power plant.
 Germany stopped the nuclear power plant. Electricity bills are soaring as a result, but it is a result of thinking about what is important to people.
 Economically, it's not something that puts people behind. Germany has also decided to turn off thermal power.
 I regard it as a way of making a decision, but in this country, which is full of issues, the decision to continue the disaster is as follows:
 I think that we cannot overcome the situation by simply giving priority to the economy.

 Moreover, the annual challenge, the fight against heavy rain, has begun. Abnormal lows and typhoon disasters were made even more scary by corona. A review of the evacuation plan to prevent the shelters from becoming dense has also started. This is also an urgent task.
 The reason why Japanese rivers called Yamashimizu Akira are pure is because they flow quickly. Therefore, when it rains, it immediately becomes a dangerous water stream.
 The place where you get flood damage has a strong tendency to repeat.
 I would like to look more strongly at stopping the devastation of the forest. A well-managed mountain will prepare for a landslide.
 Despite the fact that the low pressure and typhoon forces are increasing year by year due to the effects of global warming, the trees planted in the mountains are all trees with weak legs that were planted with artificial seedlings.
 A person has gone down from the mountain. If the number of people decreases, it will be painful and no one will do it. It would be fun to work together in the mountains. ◎ It works well by breathing good air, and there is also clean water, so even a bento is good.
 Japan is a forest powerhouse, but now that we buy foreign trees, we no longer have people to manage the mountains.
 As a result of my dismay, every time of heavy rain, I was scared.
 Job means carrying the body to the place, moving the body, and working.
 As the number of jobs that do not go to the site increases, the amount of work that can be done will make someone worried.

 I think this infectious disease also added a question mark to the future of large building construction that will be the driving force to concentrate people in the city.
 If future disaster countermeasures and timber value revisions proceed at the same time, more mountains will be cherished.
 Land creation that cuts down mountains will no longer be necessary in Japan, where the population is declining.
 Because you can live a full life in the existing land.

 The number of local governments that must collapse and disappear due to population decline and aging will surely increase.
 You can leave your hometown for a while, but you should return at the end.
 Avoiding too much concentration in big cities is also a social distance.
 
 Our landlord is the earth. Mountains and the sea are home to many creatures.
 Human beings can break it freely, freely pollute it, and there is no reason to do it. Other creatures are desperate to eat or eat.
 For bacteria, both humans and animals are vehicles. They are the ones who survive to the end on Earth.
Coronavirus is known for its strength and presence.
 Because it is strong, it is better to be calm.
 If you continue to use alcohol, you may become more resistant to alcohol. You should wash it off thoroughly with soap.
 For the time being, the arrival of the silver bullet is awaited. But medicine is a commercial tool, so I would like to carefully examine the safety aspects of new medicine.
 The medicine should not really work. That is the safe medicine that you can continue to take.

 Only humans can't be risk-free on this planet. This may be the truth this disease conveys.
 The virus, which is extremely infectious, tells us that a person cannot live alone.
 Isolation of people is a life-and-death problem even for viruses that survive while being transmitted.
Same for humans. Therefore, we have to understand Wiz Corona and follow calmly.

 It is not the case when individuals and individuals lose their fear of corona and do things that make each other angry.
 Despite the heavy rains of guerrillas, severe challenges will continue. You can't get over without a spirit of mutual help.

 Era when it's not easy. It's a difficult phase.
 In my job, growing an art means growing myself.
 Even if you don't have Koza, you will grow up if you live by practicing arts with a firm idea.

 I want to be able to show you how easy it is in this era.
I have to have fun.
 I think retreat is also good. For example, slice the yokan into thin slices and serve.

■ 11月6日(金)於・内幸町ホール 令和2年度文化庁芸術祭参加公演「桂竹丸落語会 明智光秀は悪ですか?」

11月6日(金)於・内幸町ホール
令和2年度文化庁芸術祭参加公演「桂竹丸落語会 明智光秀は悪ですか?」
19時開演 チケットのお問い合わせは、トムプロダクション tel:03(3418)1664

A4116竹丸師jpg

■ 落語ファン倶楽部の、このブログの公式ツイッターを開設しました

落語ファン倶楽部【公式】 です。
両面で、情報を配信していきます。
https://twitter.com/999rakugofctko

■ 柳家小満ん最新刊『てきすと 拾遺その三』いつもに増してバラエティに富んだラインナップに注目

柳家小満んが2015年から刊行を続ける、口演用 てきすとシリーズの最新刊『てきすと 拾遺その三』の内容に注目。

同シリーズの通算41冊目。5年間での41冊刊行は偉業です。
本号の内容は、
 
503席 らくだ(その二)
504席 女は愛嬌
505席 鼠の彫物
506席 無言落語「エチュードNO.1」
507席 清書無筆
508席 若山牧水(新作)
509席 小咄ノート(その1)
510席 首提灯(その二)
511席 越の海
512席 艶笑小咄(ふらんす版)
513席 赤子通詞(作・桑島敦子)
514席 うどんや(その二)
515席 小咄東西
516席 水中の玉(その二)

【 柳家小満ん 口演用「てきすと」公式ブログより 】
今回は通常の口演にむけて準備した台本「てきすと」のほか
2020年新作落語台本コンクールで口演した桑島敦子さんの『赤子通詞』、
師匠曰く”蟄居閉門中”に書き溜めておられる江戸小咄など、
いつもに増してバラエティに富んだラインナップとなっています。
お問い合わせは、コマンスキークラブのサイトへ

てきすとほい のコピー


■ おてらくごのススメ 2020年9月24日(木)19:00開演 築地本願寺GINZAサロン

公演名:ネットがなくてもSTAY HOME! おてらくごのススメ
日時:2020年(令和2年)9月24日(木)19:00開演
出演:落語:古今亭志ん吉「二階ぞめき」
   講話:多田修(東京仏教学院講師、東京都・真光寺副住職)
      「想像力は世界を越える」
会場:築地本願寺GINZAサロン
   東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビル5階
   銀座駅A13出口より徒歩4分、銀座一丁目駅6番出口より徒歩1分
料金:1000円 ※要予約
お問い合わせ先:築地本願寺GINZAサロン
                電話 0120-792-048(受付時間 全日9:00-17:00)
                 E-mail ginzasalon@tsukijihongwanji.jp
                 https://tsukijihongwanji.force.com/ginzasalon/

※ライブ配信も行います。詳細は築地本願寺GINZAサロンのサイトをご覧ください。

多田さまA4(924志ん吉公演)

■ おてらくごのススメ 2020年8月27日(木)19:00開演 築地本願寺GINZAサロン

公演名:情けは人のためになる~おてらくごのススメ~
日時:2020年(令和2年)8月27日(木)19:00開演
出演:落語:三遊亭圓雀「佐野山」
   講話:多田修(東京仏教学院講師、東京都・真光寺副住職)
      「情けがないと情けない」
会場:築地本願寺GINZAサロン
   東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビル5階
   銀座駅A13出口より徒歩4分、銀座一丁目駅6番出口より徒歩1分
料金:1000円 ※要予約
お問い合わせ先:築地本願寺GINZAサロン
                電話 0120-792-048(受付時間 全日9:00-17:00)
                 E-mail ginzasalon@tsukijihongwanji.jp
                 https://tsukijihongwanji.force.com/ginzasalon/

※ライブ配信も行います。詳細は築地本願寺GINZAサロンのサイトをご覧ください。

00多田さま827圓雀師

■ 芸協メールマガジンの六月中席号(6.10配信より)寄席公演の一部が再開されています

政府の緊急事態宣言の解除、東京都の休業要請のステップ2への移行をうけ、6月1日から寄席公演の一部が再開されている。関係者は「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」を踏まえ、ガイドラインに沿って万全を尽くしていく。どうぞ、公演中の寄席にお運びください。芸協メールマガジンの六月中席号(6.10配信より)

======【 新宿末廣亭(6月11日~6月20日) 】======

・・・・・・<昼の部>・・・・・・
二ツ目交互(昇りん、全太郎)
12:00 できたくん /(昇りん、昇)/ ひまわり / コント青年団
13:00 愛橋 / 鯉朝 / 伸 /(右團治、小文治)
14:00 (伸治、蝠丸)/ 東京ボーイズ / 鶴光 / 仲入り /(柳若、鷹治)
15:10 今丸 /(仁智、松喬、福笑、文我、梅団治)
(鯉昇、笑遊)/ ボンボンブラザース
16:10 主任:文治

・・・・・・<夜の部>・・・・・・
二ツ目交互(昇吾、吉馬)
17:00 山上兄弟 / 馬ん次 / 昇乃進 / コント山口君と竹田君
18:00 太福 / 遊吉 / 小すみ / 幸丸
19:00 松鯉 / 仲入り / 藍馬
19:40 カントリーズ / 桂 雀々 / 米福 / 翁家喜楽・喜乃
20:40 主任:圓馬
=
=====【 お江戸広小路亭(6月11日~6月15日) 】======

・・・・・・<昼の部>・・・・・・
12:05 今いち
12:25 笑好
12:45 コントD51
13:00 文月
13:20 米多朗
13:40 喜之輔
13:55 夢太朗 / ~仲入り~
14:30 紫
14:50 東京太・ゆめ子
15:05 寿輔
15:25 遊三
15:45 南玉
16:00 主任:今輔


落語会のご案内(配信)

■ 【19:00ライブ配信】ヨセゲーツイキャス落語会#2「お題織り込み噺」
[ http://www.geikyo.com/schedule/rakugo_detail.php?id=31793 ]
日時:令和2年6月11日(木)19:00
会場:ツイキャス
出演:遊喜  傳枝  愛橋  芝樂  里光 

■ 【13:30ライブ配信】小助六&夢丸 リレー落語会 LIVE配信テスト篇
[ http://www.geikyo.com/schedule/rakugo_detail.php?id=31696 ]
日時:令和2年6月14日(日)13:30
会場:オンライン配信
出演:小助六  夢丸  楽ぼう 

■ 【19:30ライブ配信】第21回オンライン文蔵組落語会
[ http://www.geikyo.com/schedule/rakugo_detail.php?id=31797 ]
日時:令和2年6月16日(火)19:30
会場:Vimeoでのオンライン配信
出演:三代目橘家文蔵組  遊雀  ストレート松浦  遊かり 

■ 【19:00ライブ配信】オフィスマツバ落語会~桂文治一門会~
[ http://www.geikyo.com/schedule/rakugo_detail.php?id=31795 ]
日時:令和2年6月20日(土)19:00
会場:オンライン
出演:文治  鷹治  りょう治  空治 

■ 瀧川鯉白の独創的な映像センスに注目! 映像関係者も絶対注目!!

自粛の時間が、新進気鋭の若手落語家、瀧川鯉白(たきがわりはく)の映像製作の才能を後押しした。
この画角センスはただ者ではない。
鯉白が作った映像作品は出色のできばえです。是非、ご覧ください!

https://www.youtube.com/channel/UCVNZpGr9Zuu3N-jMPSZUtLg

りはく

■ ネットでも読める月刊フリーペーパー『築地本願寺新報』多田 修の落語コラムに注目!

「おてらくごのススメ」でもおなじみ、築地本願寺が発行する月刊フリーペーパー『築地本願寺新報』で、「おてらくごのススメ」を主催する多田修が、落語コラムを執筆中! 今年4月号から、落語と仏教についてのコラム「多田修の落語寺」の連載を始めた。仏教に関する落語を取り上げ、話を仏教的に読み解いていく。
ネット上でも読めますので、是非、アクセスを。
4月号(24ページ)は寿限無、5月号(26ページ)は転失気、
6月号(28ページ)は野ざらし 
毎号の編集後記も、多田の担当だ。
URLは下記の通り。
https://tsukijihongwanji.jp/enjoy/new-report/

スクリーン

■ デザイン、DTP、企画書、申請書、各種原稿執筆、写真撮影など請け負います(田村なおき)

 私は、キャリア35年に迫る編集者で、各種出版物刊行、執筆、写真撮影といった出版実務に関連した作業以外に、広告営業、企画営業など、多ジャンルで業績を上げています。
 カタログ、フリーペーパー、パンフレット、フライヤー、各種書籍・冊子の製作など紙関係の作業全般。および短信のWEBニュースから、文字量の長い各種テキスト、各種企画書のサポート、レポートの下書き。さまざまなジャンルのストーリー構築のための諸作業や、各方面の営業のお役にたつ企画案のコンサルティングも得意です。建設コンサルタント様の支援作業もジャンルによって対応可能です。
 まずは、是非、ご相談ください。
 090-1609-5636 田村なおき ponpoko.pon1965アットマークdocomo.ne.jp

■ 5月24日(日)「ネット芸協らくごまつり」がユーチューブでライブ配信

【5/24 ライブ配信】「ネット芸協らくごまつり」のお知らせ
この度のコロナ禍により、2020年5月24日(日)に開催を予定していました「第14回芸協らくごまつり」が開 催中止となりました。当協会所属芸人も動拠点となります劇場出演が断たれ、自粛期間中の不安な日々を過ごしましたが、皆様の自助努力により沈静化が見え、 寄席再開の兆しも見えております。とは言え、油断ができないのも事実です。そんな中、寄席を愛してくださる多くの方々が朗らかなお気持ちになっていただけ る様に、芸協らくごまつり実行委員会で「ネット芸協らくごまつり」を開催する事となりました。

公益社団法人落語芸術協会youtubeチャンネルより生配信


【タイトル】
「ネット芸協らくごまつり」


【日時】
2020年5月24日(日)
10:00~12:00
 15:00~17:00
※二回配信

是非ご覧ください。
http://www.geikyo.com/new/new_detail.php?id=551

■ 柳家小満んの最新著作『てきすと 拾遺その二』五代目小さんの貴重エピソードほか必見

柳家小満んが2015年から刊行を続ける、口演用 てきすとシリーズの最新刊『てきすと 拾遺その二』の
内容に注目。

本号に収録されている内容で、小満んならではの視点を存分に味わえる「噺家列伝」「アニマルズ」にも注目だ。
「噺家列伝」は小満ん世代ならではの、貴重なエピソードを堪能できる。
落語史の研究者にも貴重な内容だ。
「アニマルズ」は小満んならではの小粋なユーモアセンスを。軽い読み心地で味わえる。

お問い合わせは、以下のリンクへ。

https://twitter.com/komanskiclub
https://ameblo.jp/komanskiclub/entry-12586946561.html

images.jpg

■ おてらくごのススメ 2020年5月19日(火)19:00開演 築地本願寺GINZAサロン

公演名:お礼の口上、向上する?~おてらくごのススメ~
日時:2020年(令和2年)5月19日(火)19:00開演
出演:落語:古今亭志ん吉「熊の皮」
   講話:多田修(本願寺派総合研究所研究員、東京都・真光寺副住職)
      「ありのままの姿 あり? なし?」
会場:築地本願寺GINZAサロン
   東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビル5階
   銀座駅A13出口より徒歩4分、銀座一丁目駅6番出口より徒歩1分
料金:1000円 ※要予約
お問い合わせ先:築地本願寺GINZAサロン
                電話 0120-792-048(受付時間 平日9:00-17:00)
                電話 03-6263-0430(受付時間 土日10:00-17:00)
                 FAX  03-6263-0930
                 E-mail ginzasalon@tsukijihongwanji.jp
                 http://tsukijihongwanji-lounge.jp/

多田さまA4(519志ん吉公演)

■ おてらくごのススメ 2020年3月11日(水)19:00開演 築地本願寺GINZAサロン

公演名:情けは人のためになる~おてらくごのススメ~
日時:2020年(令和2年)3月11日(水)19:00開演
出演:落語:三遊亭圓雀「佐野山」
   講話:多田修(本願寺派総合研究所研究員、東京都・真光寺副住職)
      「情けがないと情けない」
会場:築地本願寺GINZAサロン
   東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビル5階
   銀座駅A13出口より徒歩4分、銀座一丁目駅6番出口より徒歩1分
料金:1000円 ※要予約
お問い合わせ先:築地本願寺GINZAサロン
                電話 0120-792-048(受付時間 平日9:00-17:00)
                電話 03-6263-0430(受付時間 土日10:00-17:00)
                 FAX  03-6263-0930
                 E-mail ginzasalon@tsukijihongwanji.jp
                 http://tsukijihongwanji-lounge.jp/

圓雀師

■ おてらくごのススメ 2020年1月23日(木)19:00開演 築地本願寺GINZAサロン

公演名:命は儚(はかな)くてしぶとい~おてらくごのススメ~
日時:2020年(令和2年)1月23日(木)19:00開演
出演:落語:三笑亭可龍師匠「品川心中」
   講話:多田修(本願寺派総合研究所研究員、東京都・真光寺副住職)
      「解決策は意外なところにある」
会場:築地本願寺GINZAサロン
   東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビル5階
   銀座駅A13出口より徒歩4分、銀座一丁目駅6番出口より徒歩1分
料金:1000円 ※要予約
お問い合わせ先:築地本願寺GINZAサロン
                電話 0120-792-048(受付時間 平日9:00-17:00)
                電話 03-6263-0430(受付時間 土日10:00-17:00)
                 FAX  03-6263-0930
                 E-mail ginzasalon@tsukijihongwanji.jp
                 http://tsukijihongwanji-lounge.jp/

1.23公演可龍師

■ おてらくごのススメ 11月20日(水)19:00開演 築地本願寺GINZAサロン

公演名:心の中も現実?~おてらくごのススメ~
日時:2019年11月20日(水)19:00開演
出演:落語:古今亭志ん吉「夢の酒」
   講話:多田修(本願寺派総合研究所研究員、東京都・真光寺副住職)
      「想像力は案外スゴイ」
会場:築地本願寺GINZAサロン
   東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビル5階
   銀座駅A13出口より徒歩4分、銀座一丁目駅6番出口より徒歩1分
料金:1000円 ※要予約
お問い合わせ先:築地本願寺GINZAサロン
  電話 0120-792-048(受付時間 平日9:00-17:00)
  電話 03-6263-0430(受付時間 土日10:00-17:00)
FAX 03-6263-0930
E-mail ginzasalon@tsukijihongwanji.jp
http://tsukijihongwanji-lounge.jp/

多田さま1120志ん吉公演


■ おてらくごのススメ 9月19日(木)19:00開演 築地本願寺GINZAサロン

公演名:けんそんも自慢?~おてらくごのススメ~
日時:2019年9月19日(木)19:00開演
出演:落語:三遊亭圓雀「半分垢」+お楽しみ
   講話:多田修(本願寺派総合研究所研究員、東京都・真光寺副住職)
      「やっぱり自慢したくなる」
会場:築地本願寺GINZAサロン
   東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビル5階
   銀座駅A13出口より徒歩4分、銀座一丁目駅6番出口より徒歩1分
料金:1000円 ※要予約
お問い合わせ先:築地本願寺GINZAサロン
                電話 0120-792-048(受付時間 平日9:00-17:00)
                電話 03-6263-0430(受付時間 土日10:00-17:00)
                 FAX  03-6263-0930
                 E-mail ginzasalon@tsukijihongwanji.jp
                 http://tsukijihongwanji-lounge.jp/


919公演

■ おてらくごのススメ 7月9日(火)19:00開演 築地本願寺GINZAサロン

公演名:他の宗教とどうつきあう?~おてらくごのススメ~
日時:2019年7月9日(火)19:00開演
出演:落語:三笑亭可龍「宗論」
   講話:多田修(本願寺派総合研究所研究員、東京都・真光寺副住職)
      「信仰してなくても認めよう」
会場:築地本願寺GINZAサロン
   東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビル5階
   銀座駅A13出口より徒歩4分、銀座一丁目駅6番出口より徒歩1分
料金:1000円 ※要予約
お問い合わせ先:築地本願寺GINZAサロン
                電話 0120-792-048(受付時間 平日9:00-17:00)
                電話 03-6263-0430(受付時間 土日10:00-17:00)
                 FAX  03-6263-0930
                 E-mail ginzasalon@tsukijihongwanji.jp
                 http://tsukijihongwanji-lounge.jp/

おてらくごのススメ7.9公演

■ おてらくごのススメ 5月23日(木)19:00開演 築地本願寺GINZAサロン

公演名:なんでそれに気づかない?~おてらくごのススメ~
日時:2019年5月23日(木)19:00開演
出演:落語:古今亭志ん吉「金明竹」
   講話:多田修(本願寺派総合研究所研究員、東京都・真光寺副住職)
      「わからないことがわからない」
会場:築地本願寺GINZAサロン
   東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビル5階
   銀座駅A13出口より徒歩4分、銀座一丁目駅6番出口より徒歩1分
料金:1000円 ※要予約
お問い合わせ先:築地本願寺GINZAサロン
                電話 0120-792-048(受付時間 平日9:00-17:00)
                電話 03-6263-0430(受付時間 土日10:00-17:00)
                 FAX  03-6263-0930
                 E-mail ginzasalon@tsukijihongwanji.jp
                 http://tsukijihongwanji-lounge.jp/

おてらくごのススメ523公演

■5月17日(土)新宿末廣亭 ヨル 五代目柳家小さん十三回忌 追善興行

口上 さん喬 小団治
鉄の男 小ゑん 
にゃんこ金魚
政治家の物真似 さん八 
犬の目 小袁治
がまの油 小団治
千早ふる 市馬
権助提灯 花緑
創作日舞 風枝
時の過ぎ行くままに 清麿
黄金の大黒 権太楼
お仲入り
座談 司会 小ゑん 風枝 権太楼 清麿
魂の入れ替え 小さん
こいる順子
幾代餅 さん喬

■志の春が語る修行の日々〜、これ、なかなか読み応えがありますよ

東洋経済オンラインの、キャリア相談 特別編より
アメリカの大学を出て、商社マンだった前歴の志の春ならではの視点が興味深いです。
アクセスはこちら

■6月6日(金)清水宏の飛び出せシミん革命!! ~国内スポンサー探しチャレンジ編~

6月6日(金)清水宏の飛び出せシミん革命!! ~国内スポンサー探しチャレンジ編~
アングラ演劇出身パンクコメディアン、バカな大人のノンフィクションコメディ

18時30分開場 19時開演 出演:清水宏
会場:桜座カフェ (甲府市中央1-1-7)
料金:前売3000円、当日3300円 (いずれも+1ドリンク500円)

お問い合せ&チケット
○ざぶとん亭風流企画   
メールでのお問い合わせは、mail info@zabutontei.com
またはHP http://www.zabutontei.com の申込みフォームより

■6月14日(土)友部正人&三宅伸治ライブin桜座 ~桜座の土間で歌う夜

6月14日(土)友部正人&三宅伸治ライブin桜座 ~桜座の土間で歌う夜

18時30分開場 19時開演
出演:友部正人、三宅伸治
会場:桜座 (甲府市中央1-1-7)

料金:前売3500円、当日3800円(いずれも+1ドリンク500円)

お問い合せ&チケット
○ざぶとん亭風流企画   
メールでのお問い合わせは、mail info@zabutontei.com
またはHP http://www.zabutontei.com の申込みフォームより

■6月28日(土)マキタスポーツのショービジネス スピンオフ! 甲州街道大パニック!! マキタスポーツ×田我流

6月28日(土)マキタスポーツのショービジネス スピンオフ! 甲州街道大パニック!!  マキタスポーツ×田我流

18時30分開場 19時開演 出演:マキタスポーツ、田我流
会場:桜座 (甲府市中央1-1-7)

料金:オールスタンディング 前売3300円、当日3800円(いずれも+1ドリンク500円)

☆ぴあプレリザーブ(5/7~11)  (応募多数の時は抽選) 

☆チケット一般発売(5/15~)
 桃源響RECORDS http://togenkyorecord.cart.fc2.com
 ざぶとん亭風流企画 http://www.zabutontei.com
 チケットぴあ( P 231-557) 
 桜座(055-233-2031 kofu@sakuraza.jp )

■7月4日(金)昇太の甲府の独演会、春風亭昇太独演会 in 甲府

7月4日(金)春風亭昇太独演会 in 甲府

18時30分開場 19時開演 会場:山梨県立文学館(甲府市貢川1-5-35)

料金:一階席3500円、二階席3200円(当日券はともに+300円)

チケット主催者先行予約 
5/11(日)18時まで!
ざぶとん亭風流企画hpの申込みフォーム
または info@zabutontei.com
公演名、お名前、メルアド、ご住所、電話番号、枚数をお知らせ下さい。

チケット一般発売
5/17(土)より
チケットぴあ(P437-025)
ざぶとん亭風流企画

■今年は五代目小さんの十三回忌。5月16日、17日と、二日連続(イイノホール)で、小さんの追善公演開催。

5月16日、五代目小さんの命日に、さん喬が、小さんを偲びます!

5月16日(金)18:45開演  於・イイノホール(内幸町)
五代目柳家小さん十三回忌を偲ぶ公演 柳家さん喬 ひとりきり ~三代・四代・五代の小さんと私~
「豊竹屋」「かぼちゃ屋」「親子酒」「声色や」and さん喬十八番~ 一挙五席口演
………………………………………………………………………………………………………………
5月17日(土)昼の部 12:00開演予定 夜の部 17:00時開演予定 於・イイノホール(内幸町)
五代目柳家小さん十三回忌を偲ぶ公演 五代目小さん・孫弟子七人会(仮題)
喜多八・喬太郎・扇辰・三三・左龍・甚語楼・生志
(昼夜とも全員出演)

「紺屋高尾」「笠碁」「座敷童」「三人旅・おしくら」「三人無筆」
「三味線栗毛」「崇徳院」「粗忽長屋」「狸賽」「千早振る」
「道具屋」「猫久」「野晒し」「仏馬」(演者・昼夜の別不詳)以上14題目口演

どちらの公演も、お問い合わせは、TEL 03-6277-7403 オフィスエムズ
メールでの予約:yoyaku@mixyose.jp

■4月10日(木)さん喬十八番集成 第九夜 於・日本橋劇場

元犬 さん弥
締め込み さん喬
三枚起請 さん喬
お仲入り
百年目 さん喬

■4月5日(土)発売 『別冊 落語ファン倶楽部 一門名鑑』

落語ファン倶楽部 別冊 東西全落語家 一門名鑑╱写真入り系図付き

(完全保存版)
落語協会 
落語芸術協会 
五代目圓楽一門会 
落語立川流 
上方落語家

全194ページ、東西全一門の素顔と、その魅力を収録。

めいかん

アマゾンはこちらです。

………………………………………………………………………………
この度、誠に残念な報告となりますが、高田文夫編集長のご了解を頂き、
断腸の思いで、4月5日発売の『落語ファン倶楽部 別冊』をもって、
落語ファン倶楽部の終刊を決断するに至りました。

2005年7月に『落語ファン倶楽部VOL.1』は、
皆様にご助力を頂いて刊行され、お陰様でブームにも乗り、良いスタートとなりました。

その後も、多くの皆様にご支援を頂きながら、あしかけ10年に渡り、
さまざまな企画を展開させて頂き、過去21冊を刊行致しました。

長きに渡って継続出来たことは、皆様のお力添えあってのことと切に感じております。
改めて御礼申し上げます。

どうぞ、ご理解ご了承下さいますようお願い申し上げます。
今後も折に触れ、本誌『落語ファン倶楽部』をご愛顧頂ければなによりでございます。
………………………………………………………………………………

左サイドMenu

いらっしゃいませ!

プロフィール

FROM編集人

Author:FROM編集人
落語ファン倶楽部 official情報 
へようこそ!

ウィズコロナ時代を、少しでも楽しく過ごせるように。さまざまなジャンルでそういった活動に尽力されている方の情報を、微力ながらお伝えしていきます。また、当方はクルマイスユーザーで失語症の障がい者の介助中です。障がい者や、介助されている方のお役にたつ情報も配信していきます。

柳家小満んが2015年から刊行を続ける、口演用 てきすとシリーズの最新刊『てきすと 拾遺その三』の内容に注目。

同シリーズの通算41冊目。5年間での41冊刊行は偉業です。
本号の内容は、
 
503席 らくだ(その二)
504席 女は愛嬌
505席 鼠の彫物
506席 無言落語「エチュードNO.1」
507席 清書無筆
508席 若山牧水(新作)
509席 小咄ノート(その1)
510席 首提灯(その二)
511席 越の海
512席 艶笑小咄(ふらんす版)
513席 赤子通詞(作・桑島敦子)
514席 うどんや(その二)
515席 小咄東西
516席 水中の玉(その二)

【 柳家小満ん 口演用「てきすと」公式ブログより 】
今回は通常の口演にむけて準備した台本「てきすと」のほか
2020年新作落語台本コンクールで口演した桑島敦子さんの『赤子通詞』、
師匠曰く”蟄居閉門中”に書き溜めておられる江戸小咄など、
いつもに増してバラエティに富んだラインナップとなっています。
お問い合わせは、
https://ameblo.jp/komanskiclub/entry-12586946561.html

右サイドメニュー

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード