Archive [2010年09月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

■高田文夫と徳光和夫が選んだ「お笑いベストナイン」ニッポン放送 徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー より

番組公式サイトはこちらへアクセス徳光和夫監督チーム① 渥美清② 星セントルイス③ 古今亭志ん朝④ 植木等⑤ 笑福亭鶴瓶⑥ トニー谷⑦ ブラックマヨネーズ⑧ エノケン⑨ 島田紳助 高田文夫監督チーム① 春風亭昇太② 伊東四朗③ 爆笑問題④ ビートたけし⑤ 立川談志⑥ 浅草キッド⑦ イッセー尾形⑧ アンタッチャブル山...

■9月29日(水)第六回大・上方落語祭渋谷繁昌亭   於 渋谷セルリアンタワー東急ホテル ボールルーム

昼の部 14時開演『手水廻し』笑福亭喬若『七段目』笑福亭銀瓶『くっしゃみ講釈』桂小春團治『祝いのし』桂春團治お仲入り『小言幸兵衛』柳家喬太郎『赤とんぼ』桂三枝夜の部 19時開演『動物園』笑福亭喬若『書割盗人』笑福亭銀瓶『アーバン紙芝居』桂小春團治『代書屋』桂春團治お仲入り『ハンバーグができるまで』柳家喬太郎『おーい キャディさん』桂三枝...

■日大芸術学部江古田校舎で、伊東清先生を偲ぶ展示企画、開催中! 10月22日(金)まで

●日藝 第37回 演劇資料展「舞台美術家 伊東清が語った 江戸 庶民芸能の世界」『落語ファン倶楽部VOL.8』で特集記事を掲載した、演芸界の名伯楽、伊東清先生を偲ぶ展示企画が、ただいま日大芸術学部で開催中! 伊東先生が企画監修した『笑点』カレンダーの展示・解説、名人の手ぬぐいの展示、落語の創作活動など、旺盛に執筆された伊東先生の書棚から貴重資料を公開。正蔵芝居噺のビデオも上映されている。○期間 9月22日(水)~1...

■訃報 9月28日(火)古今亭志ん五師匠がご逝去されました。

古今亭志ん五師匠(東京都出身、落語協会常任理事)が、9月28日(火)午後4時16分、上行結腸がんのため、東京都内の病院で逝去されました。享年61。通夜は、10月4日(月)午後6時~ 告別式は 10月5日(火)午前10時~ 於・町屋斎場謹んで哀悼の意を表します。...

■12月23日(木) 松竹芸能特選落語「笑福亭松喬還暦落語会」豪華な顔ぶれにも注目!

松竹芸能特選落語「笑福亭松喬還暦落語会」12月23日(木・祝)開場 14:00/開演 15:00会場:新橋演舞場出演者:笑福亭松喬、柳家さん喬、柳家権太楼、笑福亭鶴瓶、笑福亭三喬料金:桟敷席 7350円、1等席 6300円、2等席 4200円前売券取扱:11月8日(月)~チケットホン松竹 0570-000-489チケットぴあ 0570-02-9999問い合わせ:松竹芸能株式会社 03-3545-1544(10:00~19:00)...

■11月3日(水)ヒルヨルで、<我らの高田笑学校 しょの37すぺしゃる ~高田文夫の大衆芸能生活40周年を渋々祝う会 昼夜公演>於 サザンシアター

<我らの高田笑学校 しょの37すぺしゃる ~高田文夫の大衆芸能生活40周年を渋々祝う会 昼夜公演>11月3日(水・祝日)、今回は昼夜公演となります。昼の部に落語会、夜の部に笑学校ライブを開催です。高田文夫校長が22歳より放送業界にて仕事を始めて以来、今年で40周年という節目にちなんだ会となります。昼の部は前半にベテランたちの落語をたっぷり、後半は40代中堅たちをメンバーにした言いたい放題の大喜利で...

■9月25日(土)第36回 東西落語名人選 於・神戸文化ホール中ホール

<昼の部>  権助魚     木久蔵  金明竹     染丸  二人旅     小三治  高尾       春団治   お仲入り  稽古屋     八方  中村仲蔵    歌丸  <昼の部>  おしの釣    木久蔵  住吉駕籠    八方  つる       歌丸  祝のし      春団治   お仲入り  掛け取り    染丸  馬の田楽    小三治...

■9月23日(木)新歌舞伎座開場記念こけら落とし 上方落語名人撰

  新歌舞伎座開場記念こけら落とし 上方落語名人撰   9/23(木)  於・新歌舞伎座   大阪・難波にあった新歌舞伎座が8月26日に大阪・上本町、近鉄劇場跡地にオープンした  複合ビルYUFURAの6~8階部分に移転し、リニューアル開場しました。   <夜の部>  時うどん     笑丸  四人ぐせ    文三  七段目     米団治  祝いのし    春団治  お仲入り  上燗屋     松喬  子別...

■9月15日(水)天満天神繁昌亭 4周年記念公演 

 4周年記念公演   <朝の部>    シルバーウエディング 三扇   転失気          梅団治   始末の極意       米二   川柳は心の憂さの吹き溜まり                 仁智   <爆笑歌舞伎> 「白浪五人男」    お仲入り   百面相        団四郎   悋気の独楽     小枝   蛸芝居        染丸    <昼の部>     牛ほめ      ...

■天満天神繁昌亭が4周年を迎えました! 9月15日(水)

  天満天神繁昌亭は9月15日に4周年を迎え、朝10時から繁昌亭前で記念式典が行われました。   ☆鏡開き    4年を振り返って「いろんなことがありましたが今は晴れやかな感じです。あっという間に   過ぎた4年間です」と三枝会長。    来場者数は14日付で626470人と発表されました。   この日は一日3回興行。仲入り前には鹿芝居「白浪五人男」が上演されました。    <配役>  日本駄右衛門=...

■10月2日(土)白鶴寄席ミニ 秋の二ツ目祭り はいかがでしょう。いま、無料ご招待の応募が始まっています。

白鶴寄席ミニ!秋の二ツ目祭り!10月2日(土)於 白鶴・銀座スタイル◆日時:10月2日(土)    午前10時40分 開場    午前11時00分 開演    午後 1時00分 終演予定◆出演:立川志らら、立川志の八、立川こしら、三遊亭天どん、林家ひろ木、柳亭こみち応募フォームは、こちらへアクセス してから、白鶴寄席ミニ「秋の二ツ目祭り!」へ...

■落語ファンのみなさんにもオススメです。敬老の日に放送されたNHK視点・論点 カメラマン梅佳代が語る祖父への思い

アクセスはこちら 味のある映像です...

■9月20日(月)民音落語会 14時30分開演 於・よみうりホール

『からぬけ』 はら生『戦え!おばさん部隊 完全版』 白鳥『ちりとてちん』 さん喬お仲入り紙切り 林家正楽『悲しみは埼玉に向けて』 円丈...

■彦八まつりより 写真アルバム

 彦八まつり二日目   9/5(日)   彦八まつり二日目はお世話になった扇を納める「扇納祭」の神事からスタートしました。  ☆参集殿から神事が執り行なわれる「米澤彦八の碑」まで、一列になって向かいます  ☆咲之輔さん(左)と染吉さん ☆実行委員長のざこば師匠 ☆鏡開きのあと、お客さんにお酒が振舞われました ☆彦八くんのアドバルーンも上がっています☆空くじなしの「染丸の辻八卦」 ☆金魚すくいのお店も! 「きんぎょ...

■速報! 本日(9月17日)からの赤坂レッドシアター 昇太・SWA公演、全日、当日券でます!

春風亭昇太28周年落語会 『春風亭昇太独演会』 9月17日(金)~21日(火)開演時間:9/17(金)19:009/18(土)19:009/19(日)14:00/19:009/20(月)14:009/21(火)19:00SWAクリエイティブツアー 9月22日(水)~26日(日) 9/22(水)19:009/23(木)14:00/19:009/24(金)19:009/25(土)19:009/26(日)14:00/19:00全公演、当日券が若干枚数出ます。当日券の販売は、開演の一時間前からです。料金:当日/3800円(全席指定)当日券に関する...

■第20回彦八まつりが始まりました!

 第20回彦八まつりが始まりました!   ☆オープニングは神戸のサンバチームで陽気に。   ☆記念の回の実行委員長・桂ざこば師匠が開会を宣言  ☆噺家のおもしろ屋台「文枝茶屋」名物の「焼うどん」は今年も人気! ☆地車囃子 ☆上方落語協会茶道部 お点前は春雨さん☆素人演芸バトル 司会は遊方さん...

■9月4日(土)文左衛門独演会 於・道楽亭

道灌 文左衛門大工調べ 菊六お仲入りもう半分 文左衛門...

■明日、9月4日(土)からいよいよ彦八まつりですね!

  第20回 彦八まつり   9月4、5日は上方落語家の文化祭&ファン感謝デー「彦八まつり」が開催されます。  会場となる生國魂神社の前日の境内はお店の設営で大忙し。参集殿の2階では  住よし踊の練習が行われていました。今年の実行委員長は桂ざこば師匠です。  《9月4日》  オープニング  午前10時~  神戸のサンバチーム ソウ・ナッセンチ    素人演芸バトル 午後3時~  落語家バンドステージ  落...

■9月2日(木)第一回 花丸・染雀・染弥兄弟会  ~たっぷり染丸トリビュート~ 於・天満天神繁昌亭

 兄弟トーク 花丸・染雀・染弥 強情灸   二乗 天下一浮かれの屑より  染雀  お仲入り 猿後家   染弥 三十石夢の通い路  花丸...

■8/30(月) 繁昌亭昼席 都んぼ改メ桂米紫襲名披露興行 於・天満天神繁昌亭

  つる   さん都改メ鯛蔵  金明竹  しん吉  時うどん 吉弥  立体紙芝居 米平  浮世床  文鹿  藪入り  福団治   お仲入り  <口上>   米紫・福団治・春之輔・塩鯛   司会=しん吉  宿題   都丸改メ塩鯛  まめだ  春之輔  替り目  米紫   8月6日、桂都丸の塩鯛襲名に伴い、都丸一門は全員名前が変わりました。  筆頭弟子の都んぼは四代目桂米紫を襲名、さん都は鯛蔵に、とま...

左サイドMenu

いらっしゃいませ!

プロフィール

FROM編集部

Author:FROM編集部
落語ファン倶楽部 official情報 
へようこそ!

アマゾンでのお求めはこちら!

『落語ファン倶楽部VOL.7』6月5日(金)発売です!

大特集 
これぞ落語のテキスト 
六代目三遊亭圓生 てへっ!

落語家が語る「圓生、その芸」
三遊亭鳳楽╱大“師匠”圓生の教え
立川志の輔╱圓生師匠は憧れの存在、圓生落語は閃きの源です
立川談春╱何をやっても上手い。それが圓生なんです
柳亭市馬╱間に合ってたら、いろんな唄を教わってたでしょうに
立川志らく╱実は、人情噺より滑稽噺の方が好きだったのでは…
柳家三三╱圓生師匠の人情噺ほど会話の妙を感じさせてくれるものはない
古今亭菊之丞╱何かにつけてたよりになるのが圓生全集
瀧川鯉昇╱軽い噺で照れ隠しの「てへっ」あのいたずらっぽさが大好き
三遊亭遊雀╱落語家歴は二十年ですが圓生歴はまだ一年なんです
立川生志╱『文七元結』における時間経過の繊細な描写に刮目!
三遊亭白鳥╱『札所の霊験』に俺の悲惨な思い出がシンクロ!
柳家喬太郎╱ 型から入って内面にいってリアルなのが三遊亭
三遊亭圓丈╱直弟子が明かす、三遊亭の芸の伝承
三遊亭圓楽╱天下の圓生、我が師匠

圓生グラフ╱「圓生代々」矢野誠一╱圓生自ら、十八番を語る
╱プライド高き江戸の華 圓生語録╱圓生の遺した原稿「にわか真打ちを叱る」(1978年8月『文藝春秋』)╱川柳川柳  圓生しくじり噺╱「ドキュメント御前口演」圓生と劇作家・宇野信夫の挑戦╱圓生 音盤リスト
……………………………………………………………
春風亭昇太 独占激白インタビュー「SWA五周年の超真実!!」
╱徹底密着レポート「柳昇チルドレンの会しょの2」


■おかげさまでご好評を頂いて居ります! 落語ファン倶楽部vol.6 アマゾンでのお求めはこちら

【今号のふろくCD】
スペシャルトラック
●古今亭志ん朝真打昇進披露口上~
志ん朝高座『明烏』さわり
(昭和37年3月 上野鈴本演芸場)ニッポン放送『演芸くらぶ』より
司会/八代目林家正蔵 口上/八代目桂文楽 十代目金原亭馬生

プレミアムボーナストラック 
東西人間国宝そろいぶみ
●桂ざこば襲名披露口上 司会/二代目桂枝雀 口上/三代目桂米朝 五代目柳家小さん
(昭和63年4月 芸術座)TBSラジオ『早起き名人会』

落語大ネタ十八番勝負
志の輔×談春 大ネタ大対談
立川流の両雄が、大ネタを軸に、互いが目指すべき落語の頂点について語り合った!
……………………………………………………………
現役プレイヤーが語り下ろす、とっておきの大ネタ噺

子別れ╱笑福亭鶴瓶 柳家喬太郎
明烏╱三遊亭楽太郎 林家たい平
大工調べ╱三遊亭小遊三 立川志らく
文七元結╱立川談春 春風亭昇太 
長屋の花見╱瀧川鯉昇 柳亭市馬 
三軒長屋╱古今亭志ん五 柳家三三
らくだ╱笑福亭鶴瓶 三遊亭白鳥
抜け雀╱古今亭志ん五 立川志の輔
宿屋の仇討╱柳亭市馬 三遊亭遊雀
死神╱柳家小三治 立川志の輔
居残り佐平次╱柳家小満ん 立川談春
火焔太鼓╱橘家圓蔵 立川志らく 
牡丹灯籠╱立川志の輔 柳家喬太郎
幾代餅╱古今亭菊之丞 紺屋高尾╱立川生志
芝浜╱林家たい平 立川談春

(昭和と平成大ネタ聴き比べ)
富久╱八代目桂文楽 三遊亭白鳥
掛取万歳╱三遊亭圓生 柳亭市馬
お見立て╱古今亭志ん朝 春風亭昇太
……………………………………………………………
08年11月 東西落語家現勢図
「六代目圓楽を襲名」三遊亭楽太郎インタビュー
本誌独占・徹底密着レポート 「立川流 三人の会2」(08年9月29日)
覆面座談会 
祝! 五代目桂米團治襲名スペシャルインタビュー

右サイドメニュー

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。