Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■小さん・圓生・文枝・松鶴 『落語研究会 昭和の名人 四』上映決定 6月30日(土)~東劇、なんばパークスシネマ 他 全国公開

小さん・圓生・文枝・松鶴
昭和黄金期の東西巨匠がスクリーンで夢の競演!!
スクリーンで観る高座 シネマ落語
『落語研究会 昭和の名人 四』上映決定 
6月30日(土)~東劇、なんばパークスシネマ 他 全国公開

高座では観ることの出来なくなった〝昭和の名人〟を映画館で堪能する落語上映企画、スクリーンで観る高座、シネマ落語「落語研究会 昭和の名人」シリーズの最新作の出演者並びに演目が決定致しました。第四弾は、東西名人が映画ならではの夢の豪華競演を果たし、古典落語をたっぷりときかせます!!

六代目 笑福亭松鶴 『高津の富(こうづのとみ)』(‘70) モノクロ
五代目 柳家小さん 『試し酒(ためしざけ)』(‘84)
六代目 三遊亭圓生 『猫忠(ねこただ)』(‘77)
五代目 桂文枝 『猿後家(さるごけ)』(‘86)
※()は上演年 上映時間:約2時間10分

2012年6月30日(土)~ 東劇、なんばパークスシネマ 他 全国公開

製作著作:TBS  宣伝・配給・製作協力:松竹  
公式ブログはこちらへアクセス

0【シネマ落語 四】本チラシ(軽)


上映情報
2012年6月30(土)公開
札幌シネマフロンティア(北海道)   011-209-5400
MOVIX仙台(宮城)        022-304-3700
東劇(東京)              03-3541-2711
MOVIX昭島(東京)        042-500-5900
横浜ブルク13(神奈川)       045-222-6222
MOVIXさいたま(埼玉)      048-600-6300
MOVIX柏の葉(千葉)       04-7135-6900
MOVIX宇都宮(栃木)       028-657-6200
MOVIX清水(静岡)        054-355-1400
ミッドランドスクエアシネマ(愛知)  052-527-8808
MOVIX京都(京都)        075-254-3215
なんばパークスシネマ(大阪)      06-6643-3215
広島バルト11(広島)        082-561-0600
福岡中洲大洋(福岡)         092-291-4058


★昭和黄金期を築き上げた五代目小さん・六代目圓生、夢の競演!!
噺家初の人間国宝となった五代目柳家小さんと、初めて昭和天皇の前で御前落語を演じた六代目三遊亭圓生は、昭和の落語黄金期を作り上げ発展させた双巨頭。五代目小さんならではの落語研究家・今村信雄作「試し酒」と六代目圓生が、芸の幅なればこその「猫忠」を円熟した芸で魅せます。
五代目小さんが没後10年の節目を迎える命日5月16日には、DVD「落語研究会 五代目柳家小さん大全 上」が発売され、さらに6月14日には、息子の六代目小さん、孫の柳家花緑らが五代目を偲んで「落語研究会 五代目柳家小さん 追善落語会」が国立劇場で催されます。
★関西落語復興の立役者“四天王”六代目松鶴と五代目文枝がいよいよ登場!!
戦後衰退した上方落語の復興を成し遂げ、「四天王」と呼ばれた六代目笑福亭松鶴と五代目桂文枝の2人がスクリーンに嬉しい復活を遂げます。戦後関西若手の筆頭で上方の噺家だけでなく、志ん朝、談志などにも慕われ、鶴光・鶴瓶を育てた六代目松鶴は十八番の「高津の富」をたっぷり熱演。一方、江戸の落語ファンも魅了した五代目文枝は「猿後家」を上方特有の艶やかではんなりとした芸で魅せます。
今年は、上方落語協会会長・桂三枝が自身の69歳の誕生日を迎える7月16日に、師匠である桂文枝の大名跡を襲名致します。さらに、桂文枝八回忌の命日となる3月12日には、DVD「落語研究会 五代目桂文枝名演集」、書籍「五代目文枝論(仮)」が発売されました。その‘文枝襲名イヤー’に華を添える形で映画館でも期間限定で五代目文枝が復活します。

<番組構成を担当する、京須偕充氏による解説>
落語家。昭和の名人あまたあるうち、今回の四人の映像競演は、まさに東西名人の夢の饗宴で、東の六代目三遊亭圓生、五代目柳家小さんは、幕末から明治大正にかけての江戸東京落語の二大芸脈「三遊派」「柳派」の最後の正統な後継者であり、西の六代目笑福亭松鶴、五代目桂文枝は上方落語復興期の「四天王」の中でも、もっとも上方色濃厚な二人だった。
 その四人がそれぞれの十八番演目をたっぷり演じる。甦った名高座にしばし時空と日常を忘れていただけるだろう。半世紀に迫るTBS落語研究会のぜいたくな虫干しを存分に楽しみ、落語の深さに浸ってほしいものだ。
 六代目笑福亭松鶴は天下一品の「高津の富」。金に困って金持ちぶって無一文になったとたんに大金が舞い込んだ。宝くじのルーツ・富くじの噺。野太いようで小心な主人公の人間臭さは他の誰にも表せないものだった。
 五代目柳家小さんは天下無双の「試し酒」。斗酒なお辞せずの酒豪は実在するだろうか?試し試される者たちの大きな賭け。開いた扇子の大杯が揺れる。豪快で繊細な酔態演技の妙は大型画面で迫力まさに真に迫る。
 六代目三遊亭圓生は至芸の極致「猫忠」。上方の「猫の忠信」江戸版。万事に凝り性の演者は後半の猫の変化を誰よりも芝居がかりにし、六代目尾上菊五郎の仕草も採り入れた。これまた映像ならではのもの。
 五代目桂文枝は無類といわれた女性描写が皮肉に生きる「猿後家」。容貌コンプレックスが起こす爆笑の悲喜劇。そんなテーマがいやみになる場合もあるが、文枝師匠なら大丈夫、朗らかに笑える。芸は人なりの決定版。

<出演者プロフィール>
0松鶴(OK)宣材写真web用

六代目 笑福亭松鶴 (1918年8月17日-1986年9月5日)
笑福亭松鶴は、上方落語の歴史とともに歩んだ正統派の名跡。桂文枝と共に上方落語の総本家。六代目は戦後に若手の筆頭として上方落語の再興に尽くし、尽力した四人と四天王と称される。酔っぱらいの噺や立て弁、惚気のせりふを豪放磊落な芸風でサービス精神たっぷりに演じた。出囃子は『船行き』。

0小さん(OK)宣材写真web用

五代目 柳家小さん (1915年1月2日-2002年5月16日)
「長屋噺の柳派」といわれる“落語らしい落語”は、三代目が確立し五代目によって完成した。「心邪なる者は噺家になるべからず」の師の教えを生涯守り、つねに自然体を旨とし、ひたすら人間を磨いて落語を極めた。滑稽話の名手は平成7年に落語界初の人間国宝となる。出囃子は『序の舞(本調子中の舞)』。

0圓生(OK)宣材写真web用

六代目 三遊亭圓生(1900年9月3日-1979年9月3日)
繊細かつ自在な噺の構成力や、一点の抜かりもなくきめ細やかな描写。滑稽噺から人情噺、芝居噺、さらに圓朝作品に代表される「文芸物」に至るまでの演目の多さと幅広さは、昭和の落語黄金時代を支えた名人の中でも群を抜く存在であった。出囃子は『正札附』。三遊亭正統芸の伝承者と言われた昭和の名人。

0文枝(OK)宣材写真web用

五代目 桂文枝 (1930年4月12日-2005年3月12日)
戦後の上方落語復興に尽くし、松鶴と並び四天王と称された。昭和29年に三代目小文枝を襲名。平成4年には上方桂派の総本家といわれる文枝の五代目を襲名。ハメモノ入りの噺を得意とし、艶やかな芸風。弟子の育成にも力を入れ、三枝、きん枝、文珍ら多くの人気者を育てた。出囃子は『くるわ丹前』。

スポンサーサイト

左サイドMenu

いらっしゃいませ!

プロフィール

FROM編集部

Author:FROM編集部
落語ファン倶楽部 official情報 
へようこそ!

アマゾンでのお求めはこちら!

『落語ファン倶楽部VOL.7』6月5日(金)発売です!

大特集 
これぞ落語のテキスト 
六代目三遊亭圓生 てへっ!

落語家が語る「圓生、その芸」
三遊亭鳳楽╱大“師匠”圓生の教え
立川志の輔╱圓生師匠は憧れの存在、圓生落語は閃きの源です
立川談春╱何をやっても上手い。それが圓生なんです
柳亭市馬╱間に合ってたら、いろんな唄を教わってたでしょうに
立川志らく╱実は、人情噺より滑稽噺の方が好きだったのでは…
柳家三三╱圓生師匠の人情噺ほど会話の妙を感じさせてくれるものはない
古今亭菊之丞╱何かにつけてたよりになるのが圓生全集
瀧川鯉昇╱軽い噺で照れ隠しの「てへっ」あのいたずらっぽさが大好き
三遊亭遊雀╱落語家歴は二十年ですが圓生歴はまだ一年なんです
立川生志╱『文七元結』における時間経過の繊細な描写に刮目!
三遊亭白鳥╱『札所の霊験』に俺の悲惨な思い出がシンクロ!
柳家喬太郎╱ 型から入って内面にいってリアルなのが三遊亭
三遊亭圓丈╱直弟子が明かす、三遊亭の芸の伝承
三遊亭圓楽╱天下の圓生、我が師匠

圓生グラフ╱「圓生代々」矢野誠一╱圓生自ら、十八番を語る
╱プライド高き江戸の華 圓生語録╱圓生の遺した原稿「にわか真打ちを叱る」(1978年8月『文藝春秋』)╱川柳川柳  圓生しくじり噺╱「ドキュメント御前口演」圓生と劇作家・宇野信夫の挑戦╱圓生 音盤リスト
……………………………………………………………
春風亭昇太 独占激白インタビュー「SWA五周年の超真実!!」
╱徹底密着レポート「柳昇チルドレンの会しょの2」


■おかげさまでご好評を頂いて居ります! 落語ファン倶楽部vol.6 アマゾンでのお求めはこちら

【今号のふろくCD】
スペシャルトラック
●古今亭志ん朝真打昇進披露口上~
志ん朝高座『明烏』さわり
(昭和37年3月 上野鈴本演芸場)ニッポン放送『演芸くらぶ』より
司会/八代目林家正蔵 口上/八代目桂文楽 十代目金原亭馬生

プレミアムボーナストラック 
東西人間国宝そろいぶみ
●桂ざこば襲名披露口上 司会/二代目桂枝雀 口上/三代目桂米朝 五代目柳家小さん
(昭和63年4月 芸術座)TBSラジオ『早起き名人会』

落語大ネタ十八番勝負
志の輔×談春 大ネタ大対談
立川流の両雄が、大ネタを軸に、互いが目指すべき落語の頂点について語り合った!
……………………………………………………………
現役プレイヤーが語り下ろす、とっておきの大ネタ噺

子別れ╱笑福亭鶴瓶 柳家喬太郎
明烏╱三遊亭楽太郎 林家たい平
大工調べ╱三遊亭小遊三 立川志らく
文七元結╱立川談春 春風亭昇太 
長屋の花見╱瀧川鯉昇 柳亭市馬 
三軒長屋╱古今亭志ん五 柳家三三
らくだ╱笑福亭鶴瓶 三遊亭白鳥
抜け雀╱古今亭志ん五 立川志の輔
宿屋の仇討╱柳亭市馬 三遊亭遊雀
死神╱柳家小三治 立川志の輔
居残り佐平次╱柳家小満ん 立川談春
火焔太鼓╱橘家圓蔵 立川志らく 
牡丹灯籠╱立川志の輔 柳家喬太郎
幾代餅╱古今亭菊之丞 紺屋高尾╱立川生志
芝浜╱林家たい平 立川談春

(昭和と平成大ネタ聴き比べ)
富久╱八代目桂文楽 三遊亭白鳥
掛取万歳╱三遊亭圓生 柳亭市馬
お見立て╱古今亭志ん朝 春風亭昇太
……………………………………………………………
08年11月 東西落語家現勢図
「六代目圓楽を襲名」三遊亭楽太郎インタビュー
本誌独占・徹底密着レポート 「立川流 三人の会2」(08年9月29日)
覆面座談会 
祝! 五代目桂米團治襲名スペシャルインタビュー

右サイドメニュー

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。