Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■新作落語を書きたい、覚えたい方にもオススメ! 『新作落語傑作読本(1)』1000円 プロ噺家の皆さんにもご好評を頂いて居ります

●『新作落語傑作読本(1)』2011年11月発売 1000円(税込)
読んで楽しい、現代の新作落語集、ついに発刊。現代の落語家が創った噺の世界へようこそ! 

自ら新作落語を書いてみたい方、新作落語を覚えてみたい方にも、オススメです。
あの師匠の、あの噺を覚えてみる……、また、落語の楽しみが広がるかも!

いま、選んだ11席。

(掲載順)
春風亭昇太『オヤジの王国』※家族に疎外される、お父さんの悲哀を描いた昇太の代表作
三遊亭白鳥『河童の手』※古典落語専科の噺家もレパートリーに加える、白鳥の重要作品
立川談笑『薄型テレビ算』※古典落語『壺算』を、現代の秋葉原を舞台にアレンジ! 改作得意の談笑作品のなかでも、珠玉の一篇
林家彦いち『みんな知ってる』※柔軟な視点を持つ彦いちが描く、日常生活のちょっとしたスリル
三遊亭丈二『公家でおじゃる』※圓丈一門の新作戦士ならではの、旺盛な創作魂
春風亭百栄『マザコン調べ』※粘り気のある饒舌さ、百栄ならではの改作『大工調べ』は、正気を失った婦人の阿呆啖呵に驚嘆!
三遊亭圓丈『肥辰一代記』※新作落語の闘将、圓丈の傑作! ぶれない侠気が爽快です
立川志らく『妾馬 ダイ・ハード』※志らくのシネマ落語の代表作!
桂あやめ『義理ギリコミュニケーション』※上方の爆笑定番作品を、活字でご紹介!
柳家喬太郎『白日の約束』※ホワイトデーを巡るカップルのドタバタを描く喬太郎ならではの掌篇は、ほろ苦い微毒入り
【特別寄稿】
桂米朝『一文笛』※東京の落語家たちもこぞって演じる名作を、じっくりご堪能ください。

アマゾンでのお求めはこちらです

新書新作オビ

落語ファン倶楽部新書シリーズの既刊もご紹介!
………………………………………………………………………………………………………………

【 落語を聴くなら古今亭志ん朝を聴こう 】 

一流は一流を知る。いまなお、多くの落語家、ファンに愛され続けている落語界の永遠の太陽、古今亭志ん朝の『芸』と『人柄』を、現在、第一線で活躍しているプロの落語家が語った!

オビ文は、中村勘三郎
[『夢金』の船頭が大川に竿させば、雪がちらちら見えてくる……。これぞ、志ん朝師匠の芸、落語の醍醐味だと思う。]  

※ 巻頭口絵は、カメラマン操上和美の志ん朝スペシャルポートレート

(目次より)
■ 現役のプロが語る、志ん朝落語の魅力
林家正蔵『唐茄子屋政談』 唐茄子を売りさばいてくれた、通りすがりの兄ぃが志ん朝師匠とだぶるんです
桂米團治『居残り佐平次』 噺の運び方、テンポ、調子、間…… 志ん朝落語の粋が、あの「んー、おあがりンなるよおー」に凝縮されているんです
笑福亭鶴瓶『文七元結』 CDだって聴くなら一回きりにせなあかん
林家たい平『お見立て』 不思議と僕の耳には志ん朝師匠の声で聴こえてくるんですよ
春風亭小朝『明烏』 典型的な太陽型の噺家
春風亭昇太『崇徳院』 どんな噺も志ん朝ワールドにしてしまう 演者の魅力が噺に負けてないんです
三遊亭小遊三『花色木綿』 どうでもいいような所が実におかしいんです
古今亭朝太『道灌』 師匠の『道灌』はとってもあったかいんです
林家木久蔵『抜け雀』 だってこんな僕の耳に入ってきたんだから、間違いないですよ
古今亭志ん五『三軒長屋』 江戸の匂いがありながら、アルファロメオで飛ばしてるようなドライブ感があるんです
笑福亭仁鶴『四段目』 芝居好きの定吉と志ん朝はんが重なって見えました
柳家花緑『元犬』『愛宕山』 虚と実を自在に行き来しながら、独特のリズムを生んでいるんです
立川志の輔『火焔太鼓』 志ん朝落語って、聴いてるうちに自分でも演ってみたくなるんです   

【特別採録】五代目三遊亭圓楽 志ん朝を語る   

※完全保存版【古今亭志ん朝 主要発言・コメント記事リスト】
1961年から2001年、40年にわたり古今亭志ん朝がマスコミに遺した主要発言・コメント記事を初めてリスト化。志ん朝ファン必携! 

志ん朝カバーオビ

アマゾンはこちら


【 落語を聴くなら春風亭昇太を聴こう 】

落語ブームの中でいちばん笑える落語家、春風亭昇太
「笑点」大喜利メンバーとしてもおなじみ昇太の落語は、客席をつねに爆笑で沸かす! 
なぜ昇太はおもしろいのか? 古典落語、新作落語をともにこなす新世代のトップランナー昇太の魅力を現場レポートたっぷりに徹底ガイド。
『愛犬チャッピー』『ストレスの海』『花粉寿司』『悲しみにてやんでぃ』『人生が二度あれば』『時そば』『ちりとてちん』『権助魚』『壺算』『お見立て』『宿屋の仇討』『錦の袈裟』他、代表作をすべて網羅。昇太落語にハマるための決定版、ついに誕生! 全278ページ!!

本書カバーのオビ文は、昇太落語の魅力をもっとも身近に知る立川志の輔が担当。
[そうそう、これなのよ。落語家をも、純粋な落語ファンにしちまう、昇ちゃん落語の秘密って。]

[序文より]
盛況を見せている昨今の落語界。五十歳の節目を迎えた春風亭昇太は、現代性、知名度、高座の充実、三拍子そろったキーマンである。
同時代でその芸を味わえる喜び~ 少しでも多くの方に、昇太落語への距離を縮めてもらえたら何より。

※巻頭口絵は 昇太の高座╱カラーグラフ

[目次より]
第1章 こんなやつ、会ったことない
第2章 知らなくっても大丈夫!? 春風亭昇太の基礎知識「芸風」編
第3章 知らなくっても大丈夫!? 春風亭昇太の基礎知識「ポジション」編 
第4章 昇太高座レポート2009 四十代のラストイヤーを追いかける
第5章 昇太落語の代表作ガイド「古典落語」編
第6章 権助魚の夜
第7章 知らなくっても大丈夫!? 春風亭昇太の基礎知識「新作落語」編
第8章 昇太落語の代表作ガイド「新作落語」編
第9章 SWAを追いかけよう! 春風亭昇太インタビュー
第10章 昇太が語った「昇太のゆくえ」
第11章 クリスマスイブのちりとてちん(昇太と子供たちの奇蹟!) 

昇太カバーオビeps

アマゾンはこちら
スポンサーサイト

左サイドMenu

いらっしゃいませ!

プロフィール

FROM編集部

Author:FROM編集部
落語ファン倶楽部 official情報 
へようこそ!

アマゾンでのお求めはこちら!

『落語ファン倶楽部VOL.7』6月5日(金)発売です!

大特集 
これぞ落語のテキスト 
六代目三遊亭圓生 てへっ!

落語家が語る「圓生、その芸」
三遊亭鳳楽╱大“師匠”圓生の教え
立川志の輔╱圓生師匠は憧れの存在、圓生落語は閃きの源です
立川談春╱何をやっても上手い。それが圓生なんです
柳亭市馬╱間に合ってたら、いろんな唄を教わってたでしょうに
立川志らく╱実は、人情噺より滑稽噺の方が好きだったのでは…
柳家三三╱圓生師匠の人情噺ほど会話の妙を感じさせてくれるものはない
古今亭菊之丞╱何かにつけてたよりになるのが圓生全集
瀧川鯉昇╱軽い噺で照れ隠しの「てへっ」あのいたずらっぽさが大好き
三遊亭遊雀╱落語家歴は二十年ですが圓生歴はまだ一年なんです
立川生志╱『文七元結』における時間経過の繊細な描写に刮目!
三遊亭白鳥╱『札所の霊験』に俺の悲惨な思い出がシンクロ!
柳家喬太郎╱ 型から入って内面にいってリアルなのが三遊亭
三遊亭圓丈╱直弟子が明かす、三遊亭の芸の伝承
三遊亭圓楽╱天下の圓生、我が師匠

圓生グラフ╱「圓生代々」矢野誠一╱圓生自ら、十八番を語る
╱プライド高き江戸の華 圓生語録╱圓生の遺した原稿「にわか真打ちを叱る」(1978年8月『文藝春秋』)╱川柳川柳  圓生しくじり噺╱「ドキュメント御前口演」圓生と劇作家・宇野信夫の挑戦╱圓生 音盤リスト
……………………………………………………………
春風亭昇太 独占激白インタビュー「SWA五周年の超真実!!」
╱徹底密着レポート「柳昇チルドレンの会しょの2」


■おかげさまでご好評を頂いて居ります! 落語ファン倶楽部vol.6 アマゾンでのお求めはこちら

【今号のふろくCD】
スペシャルトラック
●古今亭志ん朝真打昇進披露口上~
志ん朝高座『明烏』さわり
(昭和37年3月 上野鈴本演芸場)ニッポン放送『演芸くらぶ』より
司会/八代目林家正蔵 口上/八代目桂文楽 十代目金原亭馬生

プレミアムボーナストラック 
東西人間国宝そろいぶみ
●桂ざこば襲名披露口上 司会/二代目桂枝雀 口上/三代目桂米朝 五代目柳家小さん
(昭和63年4月 芸術座)TBSラジオ『早起き名人会』

落語大ネタ十八番勝負
志の輔×談春 大ネタ大対談
立川流の両雄が、大ネタを軸に、互いが目指すべき落語の頂点について語り合った!
……………………………………………………………
現役プレイヤーが語り下ろす、とっておきの大ネタ噺

子別れ╱笑福亭鶴瓶 柳家喬太郎
明烏╱三遊亭楽太郎 林家たい平
大工調べ╱三遊亭小遊三 立川志らく
文七元結╱立川談春 春風亭昇太 
長屋の花見╱瀧川鯉昇 柳亭市馬 
三軒長屋╱古今亭志ん五 柳家三三
らくだ╱笑福亭鶴瓶 三遊亭白鳥
抜け雀╱古今亭志ん五 立川志の輔
宿屋の仇討╱柳亭市馬 三遊亭遊雀
死神╱柳家小三治 立川志の輔
居残り佐平次╱柳家小満ん 立川談春
火焔太鼓╱橘家圓蔵 立川志らく 
牡丹灯籠╱立川志の輔 柳家喬太郎
幾代餅╱古今亭菊之丞 紺屋高尾╱立川生志
芝浜╱林家たい平 立川談春

(昭和と平成大ネタ聴き比べ)
富久╱八代目桂文楽 三遊亭白鳥
掛取万歳╱三遊亭圓生 柳亭市馬
お見立て╱古今亭志ん朝 春風亭昇太
……………………………………………………………
08年11月 東西落語家現勢図
「六代目圓楽を襲名」三遊亭楽太郎インタビュー
本誌独占・徹底密着レポート 「立川流 三人の会2」(08年9月29日)
覆面座談会 
祝! 五代目桂米團治襲名スペシャルインタビュー

右サイドメニュー

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。