Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■落語ファン倶楽部vol.10 【総力特集】大豊作! 2000年代真打 ~ 喬太郎が同世代を語る発言も印象深いです。喬太郎コンテンツめいっぱいほか、のってる噺家が挙って登場のvol.10 好評発売中!

落語ファン倶楽部VOL.10 2010年 10月5日発売 全120ページ 定価2500円(税込)

アマゾンはこちらです

【総力特集】 大豊作! 2000年代真打

2000年春、たい平と喬太郎が真打に抜擢された。彼らに続く世代の層の厚さに注目!
気力・体力・落語力、三拍子揃って、イイ~ッ高座連発中のスゴ腕の男たちが語る、たどり来し道。

柳家喬太郎…PREMIUM INTERVIEW 僕たちと僕のらくご道
喬太郎 2010年 7月まるまる一ヶ月 高座密着Report
※小さん、志ん朝が並んだ たい平・喬太郎の真打昇進披露口上の写真も必見!

入船亭扇辰×林家彦いち×桃月庵白酒…愉快鼎談
三遊亭白鳥…抜かれたら追いつけ! 俺たちはみんな共に振れあうライバルだ
三遊亭遊雀…大ネタの敷居を低~くするのが 今、楽しい
立川談笑…立川流が生んだ「平成の改作王」
柳家三三…自分がイメージした噺の世界の質感が、お客さんが噺を想像する“きっかけ”になればいいなぁ
橘家文左衛門…横紙破り「落語界の風雲児、まかり通る!」 
古今亭菊之丞…志ん朝、小三治が直接指導。二ツ目勉強会で学べた幸せ
立川生志…立川流なればこその遠回りがもたらしたもの
春風亭百栄…遅れてきた〝若手〟 百栄が語るいい日旅立ち……
林家たい平…破顔一笑「たい平落語」ができるまで

■秋の夜長の川柳ぶらりぽろり 高田文夫と林家ひろ木
2000年代真打 きく姫 柳好 春馬 丈二 木久蔵 王楽の川柳を 文夫とひろ木が厳正審査!

■ 落語芸術協会 祝80周年
桂歌丸 …落語を残すのも落語家の責任なら、落語のお客様を残すのも落語家の責任
芸協幹部 焼き鳥屋政談…三遊亭小遊三×桂米助×三笑亭夢之助
昔昔亭桃太郎…実録!? そうだったのか! 桃ちゃんの(池上彰よりも)学べる芸協人物伝
春風亭昇太さんにプレゼン!…編集部が選んだ芸協のふら~り系昼席
桂米丸…落語芸術協会80周年に捧ぐ

■春風亭昇太 玉川スミ ふたりの浅草デート スペシャルカラーグラフ
お二人ならではの、ときめくハートが写った素敵な写真です。是非、ご覧下さい!

■巻頭スペシャル対談 ぼくらの現代談志論 立川志らく×太田光

■喬太郎文庫 【連載第二回】 演芸専門BOOK GUIDE by 柳家喬太郎

■2010年9月 東西落語家現勢図

■ 特典CD
(1)『談笑版 へっつい幽霊』 立川談笑 (2010年7月6日 於・国立演芸場)
2010年7月6日(火)国立演芸場『立川談笑 月例独演会 其の104回』。この日、談笑はナンセンス色豊かな『鮑のし』と、異国人との日本語会話の中に感じられるユーモアに着目した『百川・改』で会場を爆笑の渦に巻き込んだ後、ラストにこの一席。展開の見事さに、客席から熱い拍手が沸き上がった。味わい深い独創的なアレンジの打ち出しで観客の心を捉えた談笑新境地の一席。(出囃子・恩田えり)

(2)林家彦いち・橘家文左衛門の大暴れトーク(2010年8月14日 於・座 高円寺2)
8月14日(土)座・高円寺2『文左衛門・彦いち こわくないふたり』より。初めての二人会となるこわもての両雄の爆笑トーク。前座時代に非道い目にあった兄さん(文左衛門)に対するトラウマを抱えつつ、過去の文左衛門のやんちゃぶりを暴いていく、彦いちのツッコミが愉快! 文左衛門のエピソードは痛快!!

落語FC10表紙ブログ
スポンサーサイト

左サイドMenu

いらっしゃいませ!

プロフィール

FROM編集部

Author:FROM編集部
落語ファン倶楽部 official情報 
へようこそ!

アマゾンでのお求めはこちら!

『落語ファン倶楽部VOL.7』6月5日(金)発売です!

大特集 
これぞ落語のテキスト 
六代目三遊亭圓生 てへっ!

落語家が語る「圓生、その芸」
三遊亭鳳楽╱大“師匠”圓生の教え
立川志の輔╱圓生師匠は憧れの存在、圓生落語は閃きの源です
立川談春╱何をやっても上手い。それが圓生なんです
柳亭市馬╱間に合ってたら、いろんな唄を教わってたでしょうに
立川志らく╱実は、人情噺より滑稽噺の方が好きだったのでは…
柳家三三╱圓生師匠の人情噺ほど会話の妙を感じさせてくれるものはない
古今亭菊之丞╱何かにつけてたよりになるのが圓生全集
瀧川鯉昇╱軽い噺で照れ隠しの「てへっ」あのいたずらっぽさが大好き
三遊亭遊雀╱落語家歴は二十年ですが圓生歴はまだ一年なんです
立川生志╱『文七元結』における時間経過の繊細な描写に刮目!
三遊亭白鳥╱『札所の霊験』に俺の悲惨な思い出がシンクロ!
柳家喬太郎╱ 型から入って内面にいってリアルなのが三遊亭
三遊亭圓丈╱直弟子が明かす、三遊亭の芸の伝承
三遊亭圓楽╱天下の圓生、我が師匠

圓生グラフ╱「圓生代々」矢野誠一╱圓生自ら、十八番を語る
╱プライド高き江戸の華 圓生語録╱圓生の遺した原稿「にわか真打ちを叱る」(1978年8月『文藝春秋』)╱川柳川柳  圓生しくじり噺╱「ドキュメント御前口演」圓生と劇作家・宇野信夫の挑戦╱圓生 音盤リスト
……………………………………………………………
春風亭昇太 独占激白インタビュー「SWA五周年の超真実!!」
╱徹底密着レポート「柳昇チルドレンの会しょの2」


■おかげさまでご好評を頂いて居ります! 落語ファン倶楽部vol.6 アマゾンでのお求めはこちら

【今号のふろくCD】
スペシャルトラック
●古今亭志ん朝真打昇進披露口上~
志ん朝高座『明烏』さわり
(昭和37年3月 上野鈴本演芸場)ニッポン放送『演芸くらぶ』より
司会/八代目林家正蔵 口上/八代目桂文楽 十代目金原亭馬生

プレミアムボーナストラック 
東西人間国宝そろいぶみ
●桂ざこば襲名披露口上 司会/二代目桂枝雀 口上/三代目桂米朝 五代目柳家小さん
(昭和63年4月 芸術座)TBSラジオ『早起き名人会』

落語大ネタ十八番勝負
志の輔×談春 大ネタ大対談
立川流の両雄が、大ネタを軸に、互いが目指すべき落語の頂点について語り合った!
……………………………………………………………
現役プレイヤーが語り下ろす、とっておきの大ネタ噺

子別れ╱笑福亭鶴瓶 柳家喬太郎
明烏╱三遊亭楽太郎 林家たい平
大工調べ╱三遊亭小遊三 立川志らく
文七元結╱立川談春 春風亭昇太 
長屋の花見╱瀧川鯉昇 柳亭市馬 
三軒長屋╱古今亭志ん五 柳家三三
らくだ╱笑福亭鶴瓶 三遊亭白鳥
抜け雀╱古今亭志ん五 立川志の輔
宿屋の仇討╱柳亭市馬 三遊亭遊雀
死神╱柳家小三治 立川志の輔
居残り佐平次╱柳家小満ん 立川談春
火焔太鼓╱橘家圓蔵 立川志らく 
牡丹灯籠╱立川志の輔 柳家喬太郎
幾代餅╱古今亭菊之丞 紺屋高尾╱立川生志
芝浜╱林家たい平 立川談春

(昭和と平成大ネタ聴き比べ)
富久╱八代目桂文楽 三遊亭白鳥
掛取万歳╱三遊亭圓生 柳亭市馬
お見立て╱古今亭志ん朝 春風亭昇太
……………………………………………………………
08年11月 東西落語家現勢図
「六代目圓楽を襲名」三遊亭楽太郎インタビュー
本誌独占・徹底密着レポート 「立川流 三人の会2」(08年9月29日)
覆面座談会 
祝! 五代目桂米團治襲名スペシャルインタビュー

右サイドメニュー

最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。